旅行

治安が不安な方必見!大学生におススメの海外旅行先10選

こんにちは。

突然ですが、このサイトを開いたあなた、旅行に行きたいと思っていませんか?

そして、「どこに行こうか?」と悩んでいませんか?

サイトを作成している僕も、暇があるたびに「どこか旅行行きたいけどどこに行こう?」と悩んでいます。

そこでChat GPTに「大学生に海外旅行先としておススメする国を10個選んでください。治安や意外性を含めて考えてください。」と質問をしてみたところ、以下のように回答されました。

今回はこれらの国の情報をまとめていきます。是非旅行先の参考にしてみてください。

では旅行先を決めるツアーに出ましょう!

~国情報~

シンガポールはマレー半島の南端に位置し、マレーシアとインドネシアに囲まれています。マレーシアやインドネシアも発展した大都市があったり、日本人にはあまり馴染みのないイスラム文化に触れられたりと、僕的にはおすすめです。

熱帯気候によって年中高温多湿です。

英語教育が盛んで、日常的にも用いられています。そのため大抵の日本人よりはペラペラでしょう。英語が通じるので安心ですね。英会話の練習にもなります。その他にもマレー語やタミル語、そして中国系の人が多いため中国語も話されています。

国土が狭いため金融に力を入れており、世界有数のビジネス国家です。そのため中心部には高層ビルが立ち並んでいます。

治安が非常によく、初めての海外旅行の人やあまり海外経験のない人でも安心して渡航できます。

交通手段も非常に発達しています。そもそも国土が非常に狭く、バスや地下鉄(MRT)で殆どの場所にアクセスすることが出来ます。

シンガポールの通貨は「シンガポール・ドル(SGD)」。1SGD=約110円(2024年1月22日現在)

物価はものによります。タクシーの初乗りは日本より安く、ビールやスタバは日本より高いです。

~行き方~

・東京(成田・羽田):直行便だと往路7時間30分~8時間、復路6時間30分~7時間かかります。

          全日空・日本航空・シンガポール航空のほか、LCCのZIPエア・スクートも運航。

・大阪(関空):直行便だと往路7時間復路6時間かかります。シンガポール航空スクートが運行。

       その他にも名古屋(中部)札幌(新千歳)福岡から直行便が就航。

時差はー1時間です。30日以内の観光であればビザは要りません。

~有名な観光地~

マリーナ・ベイ・サンズ / マーライオン

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
セントーサ島
ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

Chat GPTが選んだ理由にあげたのは「現代的な都市、食文化、高い治安が魅力」だからだそうです。

僕も「長年行きたい!」と思っています。もし訪れられたらもっと詳しい情報を提供しますね!

因みにシンガポールの玄関・チャンギ国際空港は非常にきれいで利便性も高く人気です。乗継ぎ時間の間に市内を観光するツアーに参加したりも出来ますので、ヨーロッパなどへの渡航時にシンガポール経由を選ぶのもおススメです!(実はヨーロッパへ行くときの最安値でシンガポール航空が出てくる時があります)

~国情報~

オーストラリアは大陸としても知られる国で、南半球に位置し、太平洋とインド洋に挟まれています。オーストラリアは広大な陸地を持ち、都市部から自然が広がります。内陸には乾燥した砂漠地帯が広がります。北部は熱帯気候であり、南部は温暖な気候が広がっています。南半球が故、日本とは季節が全く逆になります。しかし北部は冬でもサーフィンが出来るほど温暖です。

英語が公用語で、現地民は日本人より話せます。相手はネイティブスピーカーなので誰と話しても英会話の練習になります。

オーストラリアの経済は資源鉱業、農業、サービス産業に支えられています。都心ならビル群が、郊外に行くと広大な農耕地が見られます。

オーストラリアは一般的に治安が良い国の一つで、観光地や都市部でも安全に旅行できる環境が整っています。旅慣れない大学生が行っても問題はないでしょう。

オーストラリアはユニークな動植物相が広がる国として知られています。カンガルーやコアラ、ワラビーなど、独自の動物が生息しています。触れ合うこともできるので、自然を感じながら貴重な経験が出来るというのもオーストラリアの魅力の1つです。

オーストラリアの通貨は「オーストラリア・ドル(OUD)」。 1OUD=約98円(2024年1月26日現在)

物価は日本の2~3倍と高いです。単品ビッグマックは約740円(日本が450円)

~行き方~

オーストラリアには主要な都市がいくつかあり、各地に直行便が出ています。

        <南東部シドニー時差+2時間)>

東京(羽田):往路復路共に9時間30分~10時全日空、日本航空、カンタス航空が就航。

        <東部ブリスベン時差+1時間)>

東京(成田):往路復路共に約9時間カンタス航空とジェットスターが就航

        <北東部ケアンズ時差+1時間)>

東京(成田):往路復路共に7時間30分ジェットスター(日本航空コードシェア)が就航。

東京(羽田):往路復路共に7時間30分ヴァージンオーストラリア(全日空コードシェア)が就航。

大阪(関西):往路復路共に7時間ジェットスターが就航。

        <南部メルボルン時差+2時間)>

東京(成田):往路復路共に10時間~10時間30分日本航空とカンタス航空が就航。

        <南西部パース時差ー1時間)>

東京(成田):往路10時間、復路9時間30分全日空が就航。

入国にはビザが必要。3か月未満ならネットで取得できるETASを利用可能です。

~有名な観光地~

エアーズロック
グレートバリアリーフ(ケアンズ)
オペラハウス(シドニー)
ゴールドコースト

Chat GPTが選んだ理由は「多様な自然とアクティビティ、親しみやすい文化が広がるから」だそうです。

オーストラリアの首都はシドニーではなく「キャンベラ」。ただ直行便もなく行きにくいですね。

他にもアデレードやダーウィンといった都市もアクセスはしにくいですが有名です。国が非常に大きいため一度では周り切れないですが、是非何度でも行って自然豊かで素晴らしい景色を見たいですね!

~国情報~

ニュージーランドはオセアニアに位置し、オーストラリアの東にあたります。この国は美しい自然環境、活発なアウトドア活動、独自の文化が特徴的です。ニュージーランドは2つの主要な島で構成されており、北島と南島があります。多様な地形が広がり、美しい湖、山脈、海岸線が特徴的です。

マオリ文化が重要な位置を占めており、先住民であるマオリ族はニュージーランドの歴史と文化に深く関わっています。マオリ文化はニュージーランドのアイデンティティの一部であり、言語、伝統的な芸術、マラエ(マオリの集会場)などが重要な役割を果たしています。

英語が主要な言語であり、多文化社会が築かれています。発音が綺麗で、留学先としても人気です。治安が良く、一般的には安全な環境が広がっています。

農業が盛んで、特に羊の飼育が有名です。観光業も大きな産業であり、国内外からの観光客が多く訪れます。

ニュージーランドの通貨は「ニュージーランド・ドル(NZD)」。 1NZD=約90円(2024年1月26日現在)

物価はものによるがほぼ同じか少し高いくらい。単品ビッグマックが約620円(日本が450円)

~行き方~

東京(成田)~オークランド:往路10時間30分、復路11時間 ニュージーランド航空が運航

時差は+3時間(サマータイム時は+4時間)。ビザは不要ですがNZeTAの登録が必要です。

~有名観光地~

フィヨルドランド国立公園
タスマン氷河
スカイタワー
マウントビクトリア

Chat GPTが選んだ理由は「自然の美しさとアウトドア活動が豊富で、治安が良い国の一つだから」だそうです。他の国のように名所という名所は少なくインパクトはないかもしれませんが、自然豊かで綺麗な景色が沢山あります。心を安らげる場としては最高なのではないでしょうか?

~国紹介~

カナダは北アメリカに位置する国で、自然の美しさ、文化の多様性、高い生活水準が特徴です。

カナダは広大な国土を持ち、大西洋から太平洋まで広がっています。北極圏も含まれ、多様な気候が広がっています。国立公園や保護区が多くあり、ナイアガラの滝、ロッキー山脈、バンフ国立公園など、美しい自然が広がる観光地も豊富です。

カナダは文化的に多様で、英語とフランス語が公用語となっています。語学留学先としても人気なほどですので英語は当然通じます。

カナダは一般的に治安が良く、安全な国の一つとされています。安心して渡航できますね。

カナダの通貨は「カナダ・ドル(CAD)」。 1CAD=110円(2024年1月26日現在)

カナダの物価は約1.2倍。単品ビッグマックは約620円(日本は450円)

~行き方~

カナダ各地に直行便が飛んでいます。

トロント~東京(成田):往路12時間30分、復路14時間エアカナダが就航しています。

    ~東京(羽田):往路12時間30分、復路14時間エアカナダが就航しています。

モントリオール~東京(成田):往路12時間30分、復路13時間30分エアカナダが就航しています。

バンクーバー~東京(成田):往路9時間、復路11時間。 日本航空エアカナダが就航しています。

      ~東京(羽田):往路9時間、復路10時間30分。 全日空が就航しています。

時差はー12時間30分~-17時間。6か月以内ならビザは不要ですがeTAの登録が必要です。

~有名観光地~

ナイアガラの滝
ガスタウン(バンクーバー)
イエローナイフ
CNタワー(トロント)

Chat GPTが選んだ理由は「壮大な自然、安定した社会、親しみやすい文化が特徴で、治安が良い」からだそうです。確かにカナダの治安は日本以上とも言われるほどですよね。是非行ってみたい国の1つです。アメリカのメインランドに行くついでなどにも良さそうです。

~国情報~

オーストリアは中央ヨーロッパに位置し、アルプス山脈が国土の大部分を占めています。アルプス山脈が国土の大部分を覆っており、美しい自然景観が楽しめます。

ウィーンがオーストリアの首都であり、国内最大の都市です。ウィーンには宮殿や美術館が点在し、歴史的な建造物が多く見られます。他にもインスブルック、ザルツブルクなど、歴史的で美しい都市があります。ザルツブルクはモーツァルトの生誕地であり、音楽フェスティバルが行われています。

公用語はドイツ語ですが、観光地や主要都市、国際的な環境では英語も広く通じます。多くのオーストリア人は英語を第二言語として学んでおり、観光業や国際ビジネスに携わる人々も英語を使用しているため、問題なく観光できると思われます。

オーストリアは一般的に治安が良く、観光地や都市部での安全性が高いです。

オーストラリアの通貨は「ユーロ(EUR)」です。  1EUR=約160円(2024年1月26日現在)

物価は日本より少し高いくらいです。単品ビッグマックは約700円(日本は450円)

~行き方~

ウィーン~東京(羽田):往路15時間、復路12時間30分。 2024年3月31日より全日空就航。

    ~東京(成田):往路14時間、復路12時間30分。 2024年4月2日よりオーストリア航空就航。

時差はー8時間(サマータイム時はー7時間)。6か月までの滞在ならビザは不要です。

~有名観光地~

シェーンブルン宮殿(ウィーン)
オーストリア国立図書館(ウィーン)
ウィーン国立歌劇場(ウィーン)
聖ぺーター教会(ザルツブルグ)

Chat GPTが選んだ理由は「美しい建築、文化的なイベントがあり、治安が良いから」だそうです。自然豊かで歴史もあり、ヨーロッパ旅行の拠点にもなるような位置にあって、もはや悪いところがなく行かない理由がないような国です。死ぬまでに一度は行きたい国の1つです。

~国情報~

スイスは中央ヨーロッパに位置し、アルプス山脈に囲まれた美しい国です。アルプス山脈が国土の大部分を占めており、美しい自然景観が広がっています。マッターホルン、ユングフラウ、ルツェルンなど、スイスには観光名所が豊富です。美しい湖や歴史的な町も多く、観光客が訪れます。ベルンがスイスの首都であり、ジュネーヴ、チューリッヒ、バーゼルなどが主要都市として知られています。

スイスは4つの公用語を持っています。ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語がそれぞれの地域で話されています。郊外では通じない可能性がありますが、小学校から英語教育を行っているので都市部では公共交通やホテル、タクシーを中心にほとんどの場所で英語が通じます。

スイスは一般的に治安が良く、安全な国として知られています。スイス人は一般的に控えめで礼儀正しく、時間を大切にします。信頼性と秩序が重要な価値観とされています。国民性も日本に似ており、旅行の際にはギャップが少ないでしょう。

スイスの通貨は「フラン(CHF)」です。 Fr1=約171円(2024年1月26日現在)

スイスの物価は世界でもトップクラスといわれるほど非常に高く、日本の2倍程度です。 ビッグマックは約1100円(日本は450円)

~行き方~

チューリッヒ~東京(成田):往路14時間30分、復路13時間。 スイスインターナショナルエアが就航。

時差はー8時間(サマータイム時はー7時間)。90日以内であればビザは不要です。

~有名観光地~

チューリッヒ大聖堂(チューリッヒ)
サンモリッツ
ベルン旧市街(ベルン)
氷河急行・ベルニナ急行

Chat GPTが選んだ理由は「山々、湖、美しい都市があり、高い治安水準を維持しているから」だそうです。アルプスを中心に自然豊かで、世界遺産にも登録された鉄道もあるので、お金に余裕が出来れば行ってみたいです!

~国情報~

ポルトガルは、イベリア半島の西端に位置し、大西洋に面しています。ポルトガルは美しい自然環境が広がり、ダウ川渓谷やピコ島の山々など、アクティビティが楽しめる場所が多いです。ポルトガルは豊かな歴史を有しており、かつては大航海時代の中心地でした。リスボンにはマヌエル様式やムデジャル様式の建築物が見られます。アルガルヴェ地方の美しいビーチ、シナトラの歴史的な町、ドウロ川のワイナリー地帯など、ポルトガルには多くの観光地があります。

ポルトガル語が公用語であり、国の文化的なアイデンティティに大きな影響を与えています。しかし、世界でも英語が通じる部類に入っており、レストランやスーパー、観光地ではほぼ100%英語が通じます。

ポルトガルは一般的に治安が良く、旅行者が安全に訪れることができる国として知られています。

ポルトガルの通貨は「ユーロ(EUR)」です。 1EUR=約160円(2024年1月26日現在)

ポルトガルの物価は日本より少し安いです。 ただ、ビッグマックは約505円(日本は450円)

~行き方~

日本からの直行便はありません。乗継が必要になります。

飛行機を乗り継ぐほかに、スペインから鉄道やバスで行く陸路ルートもあります。

時差はー9時間(サマータイム時はー8時間)。90日以内の滞在ならビザは不要です。

~有名観光地~

ジェロニモス修道院(リスボン)
コメルシオ広場
ドン ルイス1世橋(ポルト)
ポルト歴史地区(ポルト)

Chat GPTが選んだ理由は「歴史的な町並みや美しい海岸線が広がり、安全な国の一つだから」だそうです。昔は世界を支配する国の一つだったことから古き良き街並みが沢山あります。少し行きにくいのが難点ですが、スペインと合わせて訪れるのが良さそうですね。

~国情報~

アイスランドは北大西洋に位置する島国で、氷河、温泉、火山など自然の美しさが特徴です。北極圏に位置し、夏季は長時間の昼間、冬季は極夜が特徴的です。冬季にはオーロラ(極光)が観察できることで知られており、多くの観光客が訪れます。アイスランド周辺の海域にはシャチ、ヒゲクジラ、イルカなどが生息しています。レイキャヴィークがアイスランドの首都であり、最大の都市です。地熱エネルギーを有効活用し、ほぼ100%再生可能エネルギーに依存しています。

アイスランド語が公用語であり、ノルディック文化が色濃く反映されています。義務教育で英語とデンマーク語を習っており、大半の人が日常会話程度なら話せます。ただ訛りが強いため聞き取りにくい可能性があります。

アイスランドは一般的に治安が良く、安全な国とされています。

アイスランドの通貨は「アイスランド クローナ(ISK)」です。 Kr1=約1円。分かりやすいですね。

物価は日本と比べて少し高いか高い。ただ、ビッグマックは約1000円(日本は450円)

~行き方~

日本からの直行便はありません。乗継が必要です。

ヨーロッパや北アメリカの主要都市との便があります。

時差はー9時間。90日以内であればビザは不要です。

~有名観光地~

ハットルグリムス教会
ブルーラグーン
ゲイシール
グトルフォース

Chat GPTが選んだ理由は「自然現象や氷河、温泉があり、安全な国の一つだから」だそう。大陸から離れているため非常に行きにくい国にはなりますが、火山や温泉、滝やオーロラなど、地球が作り出す神秘を詰め合わせたような国だと思うので、1度は訪れたい国です。

~国情報~

モロッコは北アフリカに位置する国で、アトラス山脈、砂漠地帯、地中海に面した海岸線など多様な地形が特徴です。ラバトが首都であり、カサブランカ、マラケシュ、フェズ、タンジェなどが主要な都市です。地中海と大西洋に面した美しい海岸線が広がります。アトラス山脈はモロッコの中央部を縦断し、美しい風景が楽しめるハイキングやトレッキングのスポットとして人気です。モロッコにはサハラ砂漠の一部が広がり、メルズーガなどで砂漠体験ができます。

アラビア語とベルベル語が公用語であり、フランス語もよく使用されます。残念ながら英語は殆ど通じません。ただ、観光で利用するような場所であれば簡単な英会話が可能である場合があります。少しディープな旅行をしたい方には最適でしょう。

アフリカということで身構えてしまいそうですが、一般的に治安は良好で、観光地や都市部では安全に旅行できる環境が整っています。

モロッコの通貨は「モロッコ ディルハム(MAD)」。 1MAD=約15円(2024年1月25日現在)

物価は比較的安いです。ビッグマックは約410円(日本は450円)

~行き方~

日本からの直行便はありません。位置的に中東経由がおススメです。

時差はー8時間(サマータイム時はー9時間)。90日以内であればビザは不要です。

~有名観光地~

シャウエン旧市街
メルズーガ大砂丘
マラケシュ旧市街
バヒア宮殿

Chat GPTが選んだ理由は「豊かな歴史、美しい風景、カラフルな市場があり、文化的な魅力が広がっているから」だそう。意外性を要求してそれが採用されたのだとは思いますが、予想してなかったです。アフリカを訪れたいと思う方、どうですか?

~国情報~

ニューカレドニアは太平洋に位置する特別自治権を持つ海外領土で、フランスの一部です。オーストラリアの北東、ニュージーランドの北西に位置し、メルア・トゥアク岬を中心に本島や多くの周辺島々が広がっています。美しいビーチやサンゴ礁、熱帯雨林があり、観光地として人気があります。ニューカレドニア周辺は世界最大のサンゴ礁の一部であり、豊富な海洋生物が生息しています。ニューカレドニアの首都はヌーメアであり、この地域の行政と経済の中心地となっています。

公用語はフランス語であり、フランスの文化が色濃く反映されています。ただ、リゾートということもあり、空港や市内、レストランやホテルでは英語が問題なく通じます。安心して行けますね。

一般的に治安は良好で、観光地として訪れる際には安全に旅行できる環境が整っています。

ニューカレドニアの通貨は「CFP フラン(XPF)」。 CFPF1=約1.3円。分かりやすいですね。

物価は日本に比べて少し高いです。ビッグマックの情報は見つかりませんでした、、

~行き方~

ヌメア~東京(成田):往路8時間30分、復路9時間。 エアカランが就航。

時差は+2時間。90日以内であればビザは不要です。

~有名観光地~

ニューカレドニア・ラグーン水族館
アンスバタビーチ
カナール島
メトル島

Chat GPTが選んだ理由は「熱帯の楽園であり、フランスの一部でありながら非常に安全だから」だそう。ニューカレドニアは「世界で一番天国に近い島」とも言われています。最近はインスタの広告でもよく見ますよね。なんと直行便があるので是非行ってみたい国です!ハワイは行ったし、モルディブはちょっとお金が掛かるので次にリゾート行くならここですね。

以上、「Chat GPTに聞く!大学生におススメする」でした。どうだったでしょうか?

前半5つぐらいの国は観光地としても人気で、僕自身も知っていることが多かったですが、後ろになればなるほど予想外の選定で、知らないことが多く僕自身も学ばされました。

大学生を中心に、そうでない方も、旅行先の候補は増えましたか?

もし増えていれば嬉しいですし、もしこの中の1国に決められたのであればお役に立てて非常にうれしいです。

今後も旅行についての情報を載せていきますのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です